Study1 体型で人の性格が解る

エステサロンBodyBlossomでは、アーユルヴェーダと整体のメニューがあります。
このページでは整体の話を書いて行きたいと思います。

整体やアーユルヴェーダの様な手技療法の世界では、個人個人に合った施術をする為、身体の型や性格から人の癖や健康上の問題点を見る方法が研究されています。 アーユルヴェーダでは、人間は3つのドーシャで表せるとしていますが、整体では大きくは5つのタイプに分け、更にそれぞれのタイプを積極型と消極型に 分ける事により、身体の癖を探って行きます。

人間は様々なことに悩む生き物ですが、特に人間関係に悩む人は多い様です。 人間である以上、やはり人間について悩むのでしょう。悩みの対象人物が どういった人間であるのかツカめなかったり、ツカんではいても対処法が分からない、 又、自分の気持ちをどう整理したら良いのか分からない等々、とにかく相手や自分の心に振り回されて悩み続ける・・・という悪循環に陥った経験が無いという人は、世の中に殆どいないと言えるでしょう。

この世に生を受け「人」として生きている以上、「自分」をも含めた「人間」について 知らずして、真の幸福は有り得ないと言っても過言ではないはずです。

しかし殆どの人が、肝心な「人」を見ず、知らずに生きている様に思います。

では、どうすれば上司、姑、恋人、夫、妻、友達、そして自分を知る事が出来るのでしょうか?

「人」の観察法の "一つ" として「身体の特徴」は大変便利です。 【言葉や行動というものは、本音や意図を誤魔化すことが可能】ですが、完全に見えている身体という物理的なものは隠しようがないからです。

人の心は必ず身体に現れます。例えば、じゃんけんをする時、身体を捻(ネジ)った事はありませんか?物騒な話ですが、もし誰かを力いっぱい殴ろうとすれば身体を捻る必要があります。又、スポーツでもボールを蹴る、投げる、打つ等の動作は全て捻りから生まれます。 じゃんけんをする時に身体を捻る必要はありません。しかし、人は、何かに誰かに「勝とう」とすると自然と身体を捻るのです。ですからいつも「勝ち負けを意識」している人は、無意識に常に身体を捻っています。例え真っ直ぐに立った時でさえ、やはり自然と捻れているのです。 エステサロンBodyBlossomでリピーターのお客様に施術を行うと、いつも以上に捻れが強い時があります。原因を聞くと、机整理の途中でPC画面を真正面に設置せず、右手に設置(右に身体を捻らして座っていた)していたという物理的な原因の方もいらっしゃいますが、昨日、上司と激しくやり合ったというご報告を受ける事があります(笑)。勿論「やり合った」と言っても殴り合った訳ではなく口喧嘩だったのですが、心が強い闘争状態にあると身体も捻れるのです。

この様に人の身体、癖を観察する事により、ある程度、人を知る事が出来ます。 もちろん、千差万別である人間を分類していく訳ですから細かく説明しだすとキリがありません。今回は、「大雑把」に身体の特徴と性格を結びつけた表を示すに留めます。この表では10タイプに分けていますが、これは色でいう三原色の様なものと考えて下さい。赤、緑、青の三原色だけで全ての色を表現出来る様に、以下の10タイプが混ざり合って、一人の性格を表す事が出来ます。複数のタイプが混じると、身体、性格の特徴は打ち消された様に見える事もありますが、消えた訳ではなく、内側で葛藤となって存在しています。

陰陽判断
基準
体型性格


+1種 正誤 首が長く前に出て、顎を突き出している。全体に細長い。 首の後ろ側、頭が緊張しやすい。 爆笑問題の太田は典型的な1種体型。 いくらでも寝られる。 理想主義、論理的、法則好き、議論好き。 上の空になりやすい。 細かい作業は出来ず、忘れ物が多く、同時にあれこれ作業を行うことは苦手。 考えてばかりで行動に出ない。 知識欲旺盛だが与えられた勉強は嫌い。 独自の理論を持っている。哲学者肌。
-2種 首が長く、全体に細長い。 首の横側が緊張しやすい。 精神ストレスが胃の不調に直結。 他人の目を異常に気にする為、嫌な事は言わない。 その為、浅い付き合いであればあるほど「いい人」と思ってもらえる。 論理的だが、他人の論理に左右されて、自分なりの結論が出ない。 独自性がない。周囲の色に染まりやすい。身内では爆発する事も。


+3種 好き嫌い 色白で丸みがあり、美人が多い。 丸みと言っても太っているとは限らない。グラビアアイドルはほとんどこのタイプ。首を片側に傾ける。 胃が強く、食欲旺盛。 全て感情に従う。 色彩感覚に優れ、芸術肌。 好きな事に対しては行動力抜群。 子供っぽくて可愛げがあるが、頭の中はからっぽ。
-4種 色白で美人が多い。 4種が強くなると、丸みが無くなり、 げっそり痩せる。精神ストレスが全て消化器の不調に直結、よく下す。 感情を上手く出す事が出来ず、溜め込む。 身内に対して、感情が爆発する。 非常に人間関係が下手。 エネルギーが内に篭る為、一見パッとしない。


+5種 損得 アゴ、肩が張っている。 肩が後ろに反り、胸を張っている。 有名人では、藤原紀香。 経済感覚がしっかりしていて合理的、慎重。何もかも利害得失で決めてしまう。儲け話に目がない。ケチだが、見栄っ張り。名古屋人気質。現代人に多い。
-6種 アゴ、肩がしっかりしているが、 肩が前に出て背中が丸い。 有名人では、デビット・ベッカム等(外に出ると華があるが、どこか不安げ、影がある)。 経済感覚はあるが、動けない。非常に慎重。儲け話に動けず、後になって「損した。」と思う。 空腹感が苦手で、無意識に常に少しづつ食べる。 机の引き出しや戸棚に、お菓子等の保存食を溜め込む。 本番に強く、舞台の上で豹変する。 エネルギーが内に篭る為、一見パッとせず、地味な印象を与える。 神経質、強迫観念的で完璧主義。


+7種 勝ち負け 色黒で身体が分厚い。顔が横長。 眉毛が太い。筋肉質。(現代人右図より細身である事が多い。) 首が短い。北島康介(9種もあり)の型。目がキツイ。 負けず嫌いで、勝つための努力は惜しまない。勝ち戦には滅法強いが、負け戦になると途端に弱くなる。弱い者に強く、強い者に弱い。すぐ喧嘩する。人の逆をする。不良少年はこの性質を持つ事が多い。喧嘩っ早い。
-8種 色黒で身体が分厚い。顔が横長。 眉毛が太い。筋肉質。首が短い。 体型は西郷隆盛タイプ。 頑固で我慢強い。負けず嫌いだが、それを表に出せない為、誰かがやった事は、絶対やらない等、行動をしない形で表現する。「まぁまぁそうカッとならずに・・・」とか、「勝ち負けは別にして・・・」などとよく言う。 (勝ちたいが行動に出せず、怒らないという形で勝とうとする。)後になって妄想の中で勝つ。旧型の日本人には多い。 エネルギーが内に篭る為、一見パッとしない。


+9種 生存本能 骨盤が締まっていて、お尻が後ろにプリっと出ている。身体は細いが筋肉質。睡眠時間が少なくても疲れない。顔のパーツが中心に寄っている。 有名人では、トータス松本、北島康介、ナポレオン等 面倒見が良く、愛情深い。集中力が強く、一瞬で集中状態に入り持続する。何事にも執着心が強く、直感に優れる為、成功しやすい。何十年も前に感じた感動や恨みを昨日の事の様に覚えている。 オタクは1種か9種。度胸がある。 一つの事を深く掘り下げる。研究者肌。 身内、他人の区分けがしっかりしていて、身内びいき。
-10種 骨盤が拡がっていて、前から見ると骨盤が横に張っている。横から見ると、お尻が平ら。 身体の形は、絵画「ヴィーナスの誕生」の骨盤を見ると解りやすい。 面倒見が良く、愛情深い。集中力が短く、長時間一つの事をやり続ける事が出来ない。 勉強すると5〜10分毎に科目を変える。仕事は早いが雑。 本人はそのつもりはないが、大胆で肝が据わっている。 天性のヒーラー。誰と接しても(動物でも)母親の様になってしまう。 身内よりも外界に愛情を注ぐ。面倒を見る事で元気になる。

※同じ型の偶数と奇数を同時に持つ事はありません。(1種と2種は同じ「頭脳型」なので、どちらか一方しか持ちません) ※複数のタイプを同時に持つ場合、バイオリズムによって、それぞれの種が強くなったり弱くなったりします。(大抵の人は、複数のタイプを持ち合わせています。実際に身体にも触れ、施術させて頂いた方は、この複数の種をお教えすることが可能ですので、施術時にご質問下さい。)

上記の表をご覧頂くと、社会生活を営む上で、どの種も必要である事が分かるかと思います。理想や道理を考えられないのも問題ですし、喜怒哀楽の感情が乏しいのも面白くない、経済感覚が無ければ生きて行けないし、勝ち負けがなくては競争は生まれず発展もない。直感や本能に鈍感であると、種の保存が出来ないばかりか最も自分にとって重要なメッセージを受け取れないことに繋がる。つまり人の中には、頭脳型、感情型、損得型、勝負型、直感型のどれもが入っていると考えると分かりやすい。只、その中で、突出して強い型がどれであるか?又、次に強い型は?と考えて行くと分かりやすいです。

同じチョコレートが100円と110円で売っていれば、誰でも100円の方を選ぶでしょう。 でも中身は同じで、パッケージデザインを美しくした110円のチョコレートならば、3種は100円チョコを蹴って、110円チョコを買う可能性が高くなります(誰かへのプレゼント用でなくとも)。10円がボランティア団体に寄付されると書かれると、1種や9種、10種は110円の方を買ってしまうかもしれません。(1種は道理からそうすべきだと考え、9種、10種は本能的愛情からそうするのです。)5種はそれでも安い方を選ぶでしょう。でも女の子と一緒にいる時は、5種も高い方を買う可能性があります。「ケチな奴だと思われない方が後々"得だ!"」と考えるのです。7種だったら?・・・この場合、特に勝ち負けは関係ないので安い方を買うでしょうが、「お前は100円の方を買うんだろう?」と言われれば、反発して(7種にとって言われた通りにするのは負けなのです。)、110円のチョコレートを10箱くらい買うかもしれません。逆に7種に「恵まれない子の為に110円のチョコレートを買いなさい。」「買ってあげなさい。」などと命令口調や上から目線で言うと、反発して100円の方を買うか、チョコレート自体買うのをやめるでしょう。「何卒何卒、恵まれない子の為にチョコご購入を節に節にお願い申し上げます候・・・。」ぐらい言えば・・・、いやそれでも買わないでしょう。気付くべき事を先に言われたのが気に入らないのです。もし買うなら「そんな事言われなくても分かってる!(怒)」とか、「今、買おうと思ってたんだ!(怒)」なんてセリフが一緒についてくるはずです。

人はかなりの「確率」で同じパターンで動くものです。 それが分かれば必要以上に悩む事は少なくなるはずです。

今回は、触り程度しか解説出来ませんでしたが、次回から更に様々な例を出して掘り下げていきたいと思います。それまで、上の表を使って「この人はどのタイプかな?」なんてトレーニングを積んでおいて頂ければ、更に理解しやすくなると思います。 それでは次回の更新を楽しみにお待ち下さいね!